プロテインダイエットとは

プロテインダイエットは、様々なダイエットがある中、食べて痩せられると評判のダイエット方法です。

当サイトでは健康的に痩せて理想のボディライン作りができるプロテインダイエットについて紹介しています。

通常のダイエットというと、「食事を摂ることができない」「食事を摂ることができても、極端に制限される」「何も食べられない」と思いがちです。

しかしプロテインダイエットは、1日3回の食事の1食だけをプロテイン(解説)に置き変える、または2食だけをプロテインダイエットに置き変えるという方法なので、食べてもよいダイエット方法ですし食べてもよいダイエットなのです。

「食べる」ということは人間の脳にインプットされた、生理的な欲求のうちの一つです。そこを、ダイエットをするということでカロリーを減らそうと食事を抜いたりすると、人間の体は飢餓状態の危機的状況を瞬時に察知して、体を痩せにくい体質へとシフトチェンジしてしまいます。

ある程度の脂肪は人の体にとっては大切なものですから、脂肪を失うという危機感が脳に伝わってしまうと、脳は「痩せないように」と指令を出すのです。指令が出ると、少ないカロリーで呼吸を維持したり筋肉を動かしたりするようになるので、代謝が落ちます。代謝が落ちると、痩せにくくなります。

ダイエットしているのに、脳は「痩せないように」努力し始めるのです。ですから、食事を抜くのではなく「食べながら痩せる」ということが必要になってくるのです。

プロテインダイエットは食事を摂りながらダイエットしていくので、「食べてはいけない」というストレスから解放されます。プロテインダイエットは空腹感からくるストレスが少ない、痩せやすいダイエット方法です。

プロテインダイエットの方法

プロテインダイエットでダイエットに成功する効果的な方法には、一体どんなものがあるのでしょうか。

プロテインダイエットをする場合、最も効果的な方法として、「1食の食事をプロテインに置き変えていく」という方法があります。

プロテインダイエットは、1食分の食事に簡単に替えられるように、タンパク質、ミネラル、ビタミン、食物繊維などあらゆる成分を配合させて作られています。

ダイエットの満足な結果を早く求めたい方は、1日3回のうちの食事を2回プロテインダイエットに置き変えて過ごします。ゆるやかにダイエットしたいという方は、1日3回のうちの食事を1回プロテインダイエットに置き変えて生活します。

またここで、より効果的なダイエットを目指したいなら、「夜の食事はプロテインダイエットに置き変える」とよいでしょう。よりスピーディな体重の減少を見ることができると思います。

夜の食事というのは、日中の疲れも出てすぐに食べ過ぎてしまう傾向もありますし、食事時間も不規則で遅くなりがちです。就寝前に食べるということは、ダイエットするうえでは最もやってはいけないことです。

夜の食事をプロテインダイエットに置き変えると、食べ過ぎを防ぐこともできますし、就寝時間が多少遅くなっても食べたもののカロリーはプロテインのみのカロリーですから安心して寝ることができます。

プロテインダイエットの方法は、食事に置き変えていくだけなので、とても簡単に実行することができます。

プロテインダイエットの効果

そのプロテインダイエットの効果とは、いったいどういったものなのでしょうか。

プロテインダイエットは低カロリーで高タンパクな健康食品を食事と置き変えるもので、お手軽に減量や体脂肪のコントロールができると好評を得ているダイエット法です。

せっかくダイエットするなら、しっかりと美しくキレイに痩せたいものですよね。プロテインダイエットは、体を引き締めて筋肉を付けることで魅力的なスタイルを効果的に作ることが可能なダイエットなのです。

それはなぜかというと、プロテインダイエットの名前の由来であるプロテインは、「タンパク質」のことです。タンパク質はヒトの体にとって欠くことのできない大事な成分です。

タンパク質は人間の体内に入ると、皮膚や髪の毛、内臓や全身の各器官、そして筋肉の元になります。ダイエットをする時にはカロリーダウンも重要ですが、同時にタンパク質もたくさんの量を体に取り込むことが大切です。

タンパク質を摂取しないでダイエットしてしまうと、筋肉が減ってしまいます。筋肉量が減少すると、エネルギーを燃やす基礎代謝量が落ちますので、効率的に脂肪を燃焼させることがでい体質になってしまいます。脂肪燃焼しないということは、体重も体脂肪も思ったようには落ちません。

体がエネルギーを一番消費してくれるのは、筋肉なのです。また溜まってしまった皮下脂肪は筋肉でしか燃焼することができません。ですから、筋肉量を増やし、基礎代謝を上げることができれば、ダイエットは成功への道へと順調に乗っていきます。

タンパク質が豊富に含まれているプロテインを飲むことは、ダイエットしながら筋肉量を落とさずに効果的に体重を減らすことができる、ダイエット方法なのです。

プロテインダイエットの効率を上げる運動

プロテインダイエットは基礎代謝を高め、脂肪燃焼しやすい体質へと改善し、リバウンドしにくい体を作っていけるダイエットです。

より効率良くこのダイエットを成功させるためには筋トレなど運動をして筋肉をつけていくことです。

アミノ酸を十分補給しつつトレーニングすることによって筋肉質な体に作り替えていくことによって基礎代謝を上げることができれば、これまでと同じ生活活動をしていても、より多くのカロリーを消費することが可能になります。

プロテインダイエットと並行して行うトレーニング運動は、筋肉を大きくする目的か、カロリーを消費する目的かを意識するといいです。

体重を減らためには脂肪を落とすこととイコールで考え、食事制限だけで減量しようとしてしまいがちです。しかし食事のカロリーを減らすだけのダイエットには限度があります。効率良く脂肪を落とすためには筋肉を発達させながら、それを動かすようにしていくことが大切です。

筋肉は脂肪とよりも比重は重たいので体重が増えると思われがちですが、頑張って筋トレをしたとしてもそれほど急激に筋肉は増えてくれません。それよりも脂肪や老廃物の代謝が良い体質に変えるためにはある程度の筋肉は必要だと理解することが肝心です。

また、理想的なボディライン、スタイルを作りたいのであれば、適度な筋肉をつけることは必須です。

筋肉は消費カロリーが大きいため、本能的に使わなければ徐々に痩せる性質があります。そうするとそれに伴って体の代謝能力も低下してきますから、習慣的に筋トレや筋肉を維持するエクササイズをする必要があります。

プロテインダイエットは筋肉作りに必要なタンパク質を補いつつ、筋肉を鍛えるために筋トレを行い、摂取カロリーの消費と血液などの体液の循環を促進するための有酸素運動を上手に組み合わせたダイエットです。

痩せようと思ったら筋肉の重要性をまず理解して、もし筋トレが苦手でも筋肉をつけることを目指すべきでしょう。

女性の場合であればインナーマッスルを鍛えるようにすれば、腕や太ももが太くなってしまうという心配は無しで、カラダの基礎代謝量をアップしてくことができ、姿勢も良くなり、女性としての魅力もアップすること間違いなしです。

体重における筋肉量と体脂肪率との関係が把握できれば、筋トレの重要性も筋肉がついて一時的に体重が増えたり、トレーニングしていても体重が減らない停滞期に入っても挫折することなくプロテインダイエットを進めていけるでしょう。

体重が減る動きが無いという理由で、ダイエットに挫折してしまう人は意外に多いのです。

足の筋肉に負荷をかけるスクワットなどの運動で足の筋肉を鍛え、効率のいいダイエットをする方法も存在します。筋肉量を増やすなら大腿筋などの大きな筋肉から鍛えると効率が良いからです。

ウォーキングやジョギングなどの余分な摂取カロリーや脂肪の燃焼を目的とした有酸素運動と筋肉量を増やすための筋トレをバランスよく続けること。そしてサプリメントなどを利用してタンパク質を摂取するプロテインダイエットによって減量と理想的なボディメイクが期待できます。

プロテインダイエットのメリット

プロテインダイエットが他のダイエット方法と比べて優れているのは次のポイントだと言えます。

プロテインダイエットならカロリーを簡単に抑えられる

ダイエットの体重減少にとても効果を出しやすい、プロテインダイエットですが、なぜプロテインダイエットは短期間で効果を得られやすいのでしょうか。

プロテインダイエットは、食事の代わりに飲む「置き変えダイエット」です。

食事を摂るとどうしても、一食のカロリーは700〜1000kcalは軽く超えてしまうことが多いです。成人男性でも一日のカロリー摂取の目安は2000kcalぐらだといわれていますから、1000kcal×3食=3000kcalということになり、すぐにカロリーオーバーしていまいます。

しかしここで、1食をプロテインに置き変えて食事とすることで、カロリーをグンっと抑える食事に切り替えることができます。カロリーを抑えることができたら、必然的に体重は減少します。

しかも、プロテインなら豊富なタンパク質が筋肉に作用して筋肉量を落とさずに、脂肪のみを取り除くことができます。体重が減った分はすべて脂肪ですから、これは嬉しいですよね。

しかもプロテインは1食のカロリーが少ないだけでなく、ビタミン類、ミネラル類、カルシウムなどといった人体に有効な成分を取り入れてあるものが多いので、気軽に食事代わりに飲むことができます。

食事代わりに飲むのに栄養が無かったり、栄養がかたよったりしてしまって病気になってしまうようなことがあれば、本来は健康的な体を目指していたはずですからそれは本末転倒ということになります。プロテインダイエットはカロリーを気にすることなく、安心して食事代わりにお手軽に飲むことができます。

プロテインダイエトはリバウンドしにくいダイエット法

プロテインダイエットは簡単で続けられやすく、理想的なスタイルを作っていけることなど、メリットが多いため人気のダイエット方法になっています。

これは、1日の中で「プロテインを飲むだけ」「プロテインを食事代わりに飲む」というお手軽さで、人気のダイエットランキング上位に入っています。しかしこのプロテインダイエットは、そのやり方次第では失敗を呼び込み、リバウンドを引き起こす原因の一つにもなります。

どうすれば、プロテインダイエットで、リバウンドをせずに済むのでしょうか。

プロテインとは、タンパク質のことです。ではなぜプロテインダイエットがタンパク質で痩せるのかというと、タンパク質は筋肉に働きかける最も重要な成分だからです。

食事制限のダイエットを始めると、栄養不足になることが多く、身体の基礎代謝がものすごいスピードでグングン落ちていきます。基礎代謝が落ちるとカロリー消費が鈍くなり、痩せにくい体になっていきます。

この痩せにくい体になっている時に、ダイエットの精神的ストレスからドカ食いや爆食いをするとリバウンドしてしまいます。痩せにくい体になっているうえに、たくさん食べてしまうわけですから体重はリバウンドしやすくなります。

リバウンドしないようにするためには、ドカ食いを防ぐために食に対するストレスをこまめに発散することと、仕事上などでもなるべくストレスを抱え込まないような生活をすることが大切です。ストレスを受けると、せっかく体重が減っているのに、リバウンドしてしまう恐れが高くなってしまいます。

プロテインダイエットの口コミ

ダイエットに非常に効果が高いということで話題の、「プロテインダイエット」。その、プロテインダイエットを試した方で、どんな効果が得られたのか、これはとっても気になりますよね。

プロテインダイエットを実際に行った方で、「どんな効果が得られたのか」、口コミを調べてみると、かなり大勢の方がその効果の高さを実感しています。

例えば、「食事を一食だけ置き変えて1カ月で3キロも痩せました!」「夜だけプロテインダイエットを飲んでいたら、ウエストがマイナス5センチになった!」「無理な食事制限をせずに、プロテインダイエットだけでマイナス10キロ痩せました!」「気になっていた下半身のお肉が、スッキリしました!」といった喜びの声が多数あがっています。

プロテインダイエットは、人間が生きていく成分として欠かせないものをしっかりと補給しながら、なおかつ安心して長く続けられるように美味しく作られています。ダイエットは続かなければ意味がありませんから、味に飽きがこないようにフレーバーにもバリエーションがあり、どれも美味しく飲めます。

またプロテインダイエットの口コミとして、「置き変えるだけだから、とても簡単です」「持ち歩きにもいいので、会社や外出先にも持って行けます」「一食分の価格もとてもリーズナブルで買いやすい」といった声もあります。

プロテインダイエットは効果も高いですが、続けやすいという口コミも多いですね。

プロテインダイエットの市販商品一例

プロテインダイエットで利用される市販の健康食品の中からネット上の口コミなどからおすすめの商品をピックアップしてみました。

プロテインダイエットのおすすめ

「さあ、プロテインダイエットをするぞ!」と心に決めても、「さて、プロテインはどんなものを選んだらいいの?」と迷うこともあるでしょう。

ここでは、プロテインダイエットで使うおすすめのプロテインご紹介します。

  1. サバス ウエイトダウン
    • 内容量:1200g
    • 価格:4780(税込)
    • 1杯78kcal、ヨーグルト風味、バナナ味。
    • 大豆のプロテインを100%使用した商品で、マグネシウムを多く含んでいます。水で飲むよりも牛乳で溶かして飲むと、とても美味しいので続けられやすいです。1杯あたりのお値段が約84円という安さも見逃せません。
  2. サバス シェイプ&ビューティー
    • 内容量:360g
    • 価格:1814(税込)
    • 1杯50kcal、フィッシュコラーゲンをたくさん含んでいますので、美容を気にされる女性には特におすすめです。味も飲みやすので、喉でまごつくことなくサラサラと飲めます。
  3. 明治 プロテインダイエット
    • 内容量:30袋
    • 3552(税込)
    • 1袋190kcal、カフェオレ、ミルクココア、キャラメル、バニラ、いちごみるく、バナナ、マンゴー味があります。
    • こちらはプロテインオンリーではなく、代替食なので多少お値段が高めですが、栄養をまったく削ることなくカロリーのみを抑えてありますので、健康的にダイエットすることができます。様々な味のバリエーションに富んでいるのが魅力で、牛乳と混ぜて飲むと美味しいようです。
  4. スリムアップシェイク
    • 内容量:360g
    • 価格:3240(税込)
    • 1杯153kcal、カフェラテ、ミルクティー、キャラメルマキアート、マンゴー、ショコラ、抹茶ラテ味があります。
    • コラーゲン5000mg、乳酸菌、コエンザイムQ10、ヒアルロン酸、食物繊維など、美容サプリメントとしても重宝するプロテインです。

プロテインダイエット比較

プロテインダイエットには、色々な種類のものがあります。プロテインダイエットをする前に、このたくさんの種類のプロテインを比較すると、ダイエットにも成功しやすくなります。

特に分かりやすく比較できるものは、「タンパク質の含有量」「1食あたりのカロリー」「味、価格」です。あとは、ダイエット効果の口コミの多さはどうかなども比較しやすい対象となります。

例をあげていくと、

「サバス ウエイトダウン」は84.5%のタンパク質が入っていて、ダイエットサポート成分に優れているガルシニアエキスも配合されています。カロリーは1杯で約80kcal、大豆から由来する植物性のプロテインを使用していて(ソイプロテイン(解説))タンパク質含有量は、トップクラスです。フレーバーはヨーグルト風味で、かなり飲みやすく仕上がっています。1050g5200円(税別)

「DNS Woman ホエイフィットプロテイン」は65.6%のタンパク質を配合。動物性プロテイン(ホエイプロテイン(解説))を100%使用し、鉄分、ビタミンCなどを含み女性に大人気のプロテインです。1杯90kcal、味はダブルベリー風味、ショコラ風味、ミルクティー風味があり、味に飽きがこないように工夫されています。味の種類が豊富なのも、女性人気の要因となっています。690g、4104円(税込)

このように、自分に合ったプロテインを選ぶ際には、タンパク質含有量はどうか、味はどんなものかなどを基準にすると選びやすくなるでしょう。プロテインダイエットをするには、自分に合ったプロテインを見つけ出すことが重要ですから、比較することはとても大事なことです。

プロテインダイエットに関する用語の解説と説明

プロテイン

プロテインとは「たんぱく質」のことであり、通常日本ではたんぱく質の構成要素であるアミノ酸成分を用いて作られたプロテインサプリメント(健康食品)のことを指す場合が多いです。

アミノ酸は20種類あり、そのうちの9種類に関しては体内で作り出すことが出来ないため食事から摂る必要があります。この9種類のアミノ酸のことを必須アミノ酸といい、トリプトファン、リシン、メチオニン、フェニルアラニン、トレオニン、バリン、ロイシン、イソロイシン、ヒスチジンがそれにあたります。

筋トレやエクササイズで筋肉が損傷すると、その修正にはたんぱく質が必要になります。タンパク質は筋肉の補修に使われますが、その際に筋繊維は大きくなるため、筋肉の消費エネルギーが大きくなり、結果的に体の基礎代謝量がアップします。

そうすることによって摂取したカロリーや、溜まった脂肪が燃焼されやすくなるため、太りにくく痩せやすい体質への改善につながるのです。

体は筋肉だけでなく、髪や皮膚などあらゆる場所においてたんぱく質でできていますので、意識して食事内容を改善していくと共に、不足しがちな必須アミノ酸はプロテインサプリメントから補うようにするのが効率的です。

ソイプロテイン

ソイプロテインとは大豆たんぱく質を原料にしたプロテインのことです。摂取後の消化に時間がかかるため満腹感が持続しダイエットに向いていると言われています。

また体内にたんぱく質が満ちている時間が長くなることからカタボリックの防止になるとも言われています。

大豆原料であるため大豆イソフラボンが女性ホルモン様のエストロゲンのように働いてしまう可能性があるとも言われており、プロテインダイエットを行う男性の中には利用しない人もいるようです。

粉っぽくて溶けにくく飲みにくいという特徴もあります。

ホエイロテイン

ホエイプロテインとは牛乳原料のホエイ蛋白(乳清)を用いて作られたプロテインのことです。粉っぽさがなく溶けやすいため今は様々なホエイプロテイン製品が販売されています。

特徴の1つ目は飲んだ後の吸収が早いことです。そのためアナボリックが促進されやすいです。

2つ目は比較的安価であること。3つ目は製品の種類が多いことです。

デメリットは消化吸収が早いため細目に補いながら筋トレやエクササイズをしないと筋肉の異化作用が起こりやすいこと。そしてラクトース(乳糖)が含まれているため、乳糖不耐症の場合には大量に摂ると下痢を起こしてしまう可能性があることです。

また摂り過ぎると体脂肪が増えるというデメリットもあるため、トレーニングとのバランスを考えて摂ることが、筋肉を大きくするために大切なポイントです。

カタボリック(異化作用)

カタボリックとは長時間の有酸素運動や栄養が不足した状態でのトレーニング、あるいは空腹が長くなると体内にエネルギー源やたんぱく質が不足するため、体は活動するために必要なエネルギーを筋肉を分解することによって補おうとします。

これを「筋肉の異化」と言いますが、要するに筋肉が減ってしまうことです。

アナボリック(同化作用)

アナボリックとはカタボリックの反対で体内にタンパク質が充満している状態で、合成して筋肉を発達させている状態を言います。

アナボリックには成長ホルモンも関係しているので筋肉に刺激を与える運動を同時に行うことが大切です。