筋肉がつくと体重が増える理由

筋トレで体重が増える理由についてですが、脂肪を溜めない代謝の良い体作りを目指して筋トレを続けたのに、体重が逆に増えてしまっては本末転倒と思いたくなりますよね。

減量目的で筋トレを始めた時に一時的に体重が増えるケースは多々あります。それはまず脂肪よりも筋肉の方が比重は重いこと、そして体脂肪が減るスピードよりも筋肉が発達するスピードが早かった場合、結果的に体重は増えてしまうのです。

これは筋肉のつき始めに起きやすい事象で仕方のないことなのです。

筋肉量を増やすことは体の基礎代謝量を増やすことに繋がりますから、脂肪燃焼しやすい体質へ改善していくことになります。

ですから目先の体重増加や、運動しているのに体重が減らないなど、ネガティブに捉えるのではなく、理想的なスタイルと体重になっていくための通過点だと理解しましょう。

また筋トレやエクササイズによって体に水分が増えることがあり、これも体重増加の理由に挙げられます。

1つは筋トレは筋繊維を小さく損傷させ、修正されるときに筋繊維が太く補強される仕組みを利用しています。筋肉が損傷した時には体内の水分量が一時的に増えることがあり、その分体重が増えるのです。

これに関しては筋繊維の修復が終わると元に戻ります。

他にもトレーニングや運動で筋肉に疲労が蓄積した場合、或いはカロリー制限によってもコチゾールというストレスホルモンが増えるので、その影響で体内の水分量が増えたりします。

この場合には体を休めたり、必要な栄養素を摂ることによって水分量は元に戻ります。

健康的なダイエットにより理想的な体を作っていくためには、ダメージを与えて兼ねないダイエット法を理解することは必要です。

運動を習慣にしたからといって、その分たくさん食べたり、お酒を多く飲んでは痩せないどころか体を壊す原因になってしまいます。

目標体重まで減量し、それを維持しながらリバウンドしにくい体を作っていくためには、控えめのカロリーで尚且つ必要な栄養は補える食生活をしていくことと、筋肉をつけてそれを適度に動かし刺激することにより、しっかりと代謝させる生活習慣を作っていくことが大切です。